アニメ『ベイブレードX』がひどい?負けてばかりの主人公の戦歴一覧 | コーヒーガムとイチゴのケーキ
スポンサーリンク

アニメ『ベイブレードX』がひどい?負けてばかりの主人公の戦歴一覧

ベイブレードX
スポンサーリンク

※サムネイル(上部)のイラストはベイブレードXとは関係ありません。

放送から40話以上が経過した現在でも、未だ主人公がバトルで1度も勝利していないというアニメ『ベイブレードX』が話題になっています。

スポンサーリンク

敗戦続きの主要キャラクターとは?

アニメの第1話から30話(2024年6月中旬現在)を越えるまでの全話において負け続けているキャラクターとは、『ベイブレードX』の主要キャラクターである風見バード

ただ、本作にはもう一人主人公と呼べるようなキャラ・黒須エクス(仮面X)というキャラがいて、こちらは逆に作中で負けたことのある描写が今のところされていません

さすがに負けてばかりだけのキャラクターのみを主要人物に据えるのは、スタッフさんもマズイと感じ取っていたのでしょうか…😅

全く関係ありませんが、負け主人公と同じタイトルの麻雀漫画を思い出してしまいます…(笑)

こちらは完全に大人向けなので、負けて掘られて目覚めるキャラとか出てくるんでしたっけ。(うろ覚えです)

【2023年最新版】麻雀マンガ紹介☆
麻雀漫画紹介【2023年最新版】です! 『天』や『アカギ』などといった有名すぎる作品は今回省かせていただきます~。みんな名作だって知ってるもんね。 【最終更新:2023年9月5日→『ぽんのみち』】 ぽんのみち 少女漫画雑誌「なかよし」202...

風見バードの負け戦一覧

風見バードの負け歴について、簡単にですが全話まとめてみました。

以下、アニメ『ベイブレードX』のネタバレがございますのでご注意ください。

第1話 X

負けた上にベイを破壊される。

過去(第1話)以前には勝っていたような描写アリ。

第2話 七色の刺客

もう一人の主要人物・七色マルチに負ける。

七色マルチの性別も本作の謎の一つですね。

【必見】ジョジョ9部のヒロインは過去最高に大胆過激なキャラ?
いよいよ連載が始まった荒木飛呂彦先生原作『ジョジョの奇妙な冒険』第9部「The JOJO Lands(ザ・ジョジョランズ)」。 そんな『ジョジョ』第9部に「ヒロインがいる」ことが話題になっているのを、あなたも見かけたり聞いたりしていませんか...

第3話 チームペルソナ

模擬戦でも負け役。

「まだ1勝もできていない」発言あり。自覚しています。

第4話 ベイスポンサー

スポンサーの秘書・冥殿メイコに負ける。

なお、他の二人(エクスとマルチ)はメイコに圧勝。

なのに自分たちの「チームペルソナ」のリーダーに任命される

「負けてばかりいられるか」と、特訓することはしてる模様。

第5話 いざXタワー

憧れのベイタワーのスタジアムにて、自らせがんで行ったバトルで負ける。

余談ですが、この回から登場する万獣キングというキャラはどことなく某煉獄杏寿郎を彷彿とさせてくれます。

また、この回には「チョコフレーク炙り」というリトルグルメが登場するのですが、他にも出てくる「あんこ寿司」などに比べればまだおいしそうと思ってしまった…。

第6話 ライオンズジャングル

スポンサー先のタイショー(社長)から、「バードの場合は発揮する実力がない」と言われてしまう。

さらに秘書(メイコ)からは、「我々チームの弱点はバードである」とまで言われる始末。

念のため言っておきますが、チームペルソナはこうしてスポンサーがついているプロのチームです。

あと、この回では敵からからかわれて「弱者のにおいだ」とも言われています。

ここまで負け続ける主人公は、風見バードの他には『二階堂地獄ゴルフ』の二階堂くらいなのでは😂

『二階堂地獄ゴルフ』はヒロインも負け続けているという珍しい作品。

ヒロインは同じ作者(福本伸行先生)の、連載がストップしているマミヤ似です。

アカギ続編『マミヤ』がおもしろい!名作の予感しかしない『闇麻』の戦い
福本伸行先生原作『闇麻のマミヤ』はかの『アカギ』の実質的続編作品! 他の福本作品に劣ることなくおもしろいので、是非ご紹介させてくださいっ! 以下からは『闇麻のマミヤ』第1巻と『アカギ』最終巻(第36巻)を参考にさせていただいています。 ネタ...

第7話 チームズーガニック

前話で練習を100戦もしたにも関わらず、敵チーム「ズーガニック」のメンバー・パンに負ける。

パンも可愛らしくて男なのか女なのかわからないキャラですね。

第8話 仮面と獅子王

エクスのバトル回なので出番なし。

もはやバードは味方側のかませ役だったりするのだろうか…それも斬新かも。

第9話 ベイクラフター

バトルの申し出をハブられる。(エクスとマルチのみにバトルの依頼が来る)

バードを強くするより、強いベイを作った方が速い」と言われる。

で、その作ってもらったベイでバトルして負ける。(有り得ないです😂)

しかも、相手はバードが前に使っていたベイで戦って勝ったっていうね…。

が、なぜか「見せるバトルをした」と周囲からは評価され始める。え~…。

第10話 プロの世界

エクスのバトル回。

3連勝して、エクスの強さが見せつけられる回です。

第11話 カドバーの試験

昇級のためのテストで負ける

トレーニング中にエクスにも連続で負ける。とにかく負けまくる。

その後再テストにて、「自分らしさ」を悟りどうみても勝つやろって流れでも負ける

が、このテストの内容は「ベイを30秒耐久させること」だったので、一応合格はする。

(30秒の耐久はできていた)

余談ですが、この回には眠るシーンがあって、寝てる時のバードの髪型はいつもと異なることが発覚。

第12話 最後の闘い

同チーム内でのバトルにて、エクスに秒で負ける

「この後のバトルはすべて勝つ!!」と意気込むも、やはりというか、もちろん負ける。

第13話 ファン第一号

ファン第1号(ヒナちゃん)の前で負ける。ええ…。

このヒナちゃんがバードを好きになった理由は「負けてもあきらめないから」だそう。

その場はエクスが圧勝することでなんとか収拾。

第14話 エクスエクササイズ

エクスのバトル回なので活躍なし。エクスは言うまでもありませんが圧勝。

なお今回のタイトルは、そのまんまエクスたちがエクササイズをすることから成り立っています。

第15話 ナゾアンドベイ

エクスVS雪男(イエティ)の回なので活躍なし。

第16話 ノブレスオブリージュ

謎とベイが融合したアトラクションにて負ける。

が、謎解き的にはそれが正解だったそうで、問題はクリア扱いに。

こうやって負けても物語的には支障ナシとこじつけて、バードをなんとか負けさせ続けていくってのは話が進めば進むほど厳しくなっていくのでは😅

第17話 ベイタイムシフト

ファン第1号のヒナちゃんに負ける。

(ヒナちゃんは大勢の人に配布されていた怪しいベイを使っていたとはいえ…😅)

第18話 プライド

チームファランクス相手に秒で負ける。恐らく皆さんの思っている想像の3倍以上秒で負けます。ゴー!シュー!!して、一回ゴッツンコしただけで即負け。

脚本の都合上、3対3のベイバトルにおいて一回戦目にバードが出る時はほぼ確実に負けると言っても過言ではないかも。
(ほんまにチーム内というか、味方側のかませ的な存在のような…主要キャラなのに😅)

バード以外の部分では、最終的には自分のベイで戦うことを決意した石山ですが、前に使ってたベイに戻して(しかも無敗のエクスに)勝てるわけないじゃん…と冷めた目で見ていました😅スマヌ

でも、タイショーの「ワシが心から尊敬するブレーダーを邪魔するな!」という台詞や、エクスの「そうこなくっちゃ!人生をかけたシュートなんてそう受けられるもんじゃないからね」というのはアツい名言だなぁと思った。
(これらの台詞は『BEYBLADE X』第18話「プライド」より引用)

エクスの台詞は赤木(アカギはアカギでも、『天』の方の赤木)の「魂の乗った牌で和了ること(人の心)が一番この世でうまい」をなんか思い出してしまいました。なんでだろ。

あと、「スポンサーはひっこんでろ!」って発言もなかなか過激よね😓

第19話 DATTO(ダット)

他者(エクスとキング)になすりつけることでバトルを回避したため勝ち負けもナシ。

バードの身体能力の高さが描かれており、「逃げ切れば勝ち」である今回のイベントでは見事に優勝しています

本人の言うところによれば、過去には色んなスポーツクラブからオファーももらっていたとか。
才能を発揮する場所を思いきり間違えている気がするのですが、夢ってそういうものよね…妙に現実的だわ。

エクスとキング(よく見たら顔の横刈り上げヘア?)にバトルをなすりつために頭脳も働かせており、いかにしてバードをバトルさせることで勝たせまいとしている脚本家さんももはや楽しまれているのでは😅

今回、バードは手違いでプロ側ではなくアマチュア側として「DATTO」というイベントに参加しています。
正式にプロ側として出場でもしていたら、アマチュアにも容赦なく敗北していたんでしょうね🤣

このDATTOというイベントの真相は、怪しいフェニックスフェザーのベイをプロが正々堂々と倒す様子を見せつけるためであったということで、物語の方も進行しています。

(あと、無敗のエクスが実は体力がないという点は親近感が持てますね😅)

昨今はVジャンプですらブ〇チューバーに紙面を侵されつつありますが、コロコロコミックの方はどうなんでしょうね。

第20話 寿司のメモリー

大戦相手(エクスとマルチ)の戦略やベイの特徴を分析し、結構いいバトルをしてたんですけどやはり負ける

バードに寿司を食わせる回。
(メイコがバードの人気を上げるためにも動画の撮影を提案。その内容というのが、「バトルをして負けた者は各キャラが考案したオリジナル寿司を食べなければならない」…ときたら、ねぇ… 笑)

作る側に回ったバードの寿司はその場にいた全員が唸るほど美味なもので、ホンマに肝心のベイ以外の才能にあふれている男、それがバードです😂

クリームあんこ寿司ってあんころ餅のようなものかしら。食べてみたいわね。

個人的な余談ですが、今回の話を見る直前まで公演中止を出したジョジョのミュージカルの返金対応に怒り狂ってたんですよ。
(手順がクソめんどくさくて、ワザと返金させる気を失せさせてんねやろってレベル)

ミュージカル『ジョジョ』一部公演中止へ。チケット代や振替日諸々はどうしてくれるってんだい?😠
初日を目前にして、ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険』の一部公演中止が発表されました。 私も友達と中止が発表された3日の間に見に行く予定(しかも地方から)だったので、悲しさやら悔しさやら怒りやらに現在胸をかき乱されております。 (funct...
ミュージカルジョジョ、公演中止と対応について発表。公演中止理由は一体?
公演の一部中止が発表されていたミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険』ですが、その理由と対応についてが公式から発表されました。 『ジョジョミュ』公演中止の理由は? ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』一部公演中止に関するお詫...

でも、今回のベイブレードXも面白かったので、多少は怒りが和らぎました。もちろんジョジョミュのしたことについては許してないけどね。

後半はエクスが過去に所属していたチームペンドラゴンの回想シーンが挿入されるのですが、「お前(エクス)は本当に寿司が好きだな」ってなんの話をしてんだよと笑ってしまいました😂

どうしても「ペルソナ」と聞くと某ゲームが頭をよぎりますね。

今度はハム子(女主人公)も入れてリメイクしてほしいです😢

ペルソナ25thフェスに行ってきましたレポ
大阪南港ATCギャラリーで開催されている「PERSONA 25th FES」に行ってきました! ↑こちらは会場の入り口前に展示されているフォトスポット。食い倒れ太郎の衣装を身に着けたモルガナが可愛い♡『ペルソナ5 スクランブル ザ ファント...
味の感想も☆ペルソナ×エスクリコラボビュッフェに行ってきましたレポート☆
ペルソナシリーズ×エスクリのコラボビュッフェ「ようこそベルベッドルームパーティへ」に参加してきたので感想レポートです! 以下、私が行った神戸会場の様子(写真あり)や、ビュッフェの味の感想が書いてありますので、「これから行くので内容を知りたく...

第21話 モテプロデュース

インフルエンサー(モテアンバサダー)の難波ゆにに負ける。

難波ゆにはチーム「ユグドラシル」のメンバーでもあるのですが、今回は試合ではなくたまたまブレーダー御用足のアパレルショップで出会ってバトル。

(そんなお店で立体的なお寿司の服をチラチラさせるエクスの図が笑える)

チームペルソナのユニフォームを着て「ダサい」とけなされたバードは、「戦ってみなくちゃわからないだろ!」とゆにに勝負を挑むも敗北。この流れで負けちゃダメです😂

脚本の都合上バードを負けさせなければならない(?)ため、「本当に大事なのは見た目ではない」ということが話の中で主張し切れてないというか…ちょっとテーマがボンヤリしてしまっているような。
(モテを語るのが重要なアニメではないとは思いますが😅)

話題にさえなれば何でもよかろうなのだァ~的な昨今の世の中を軽く皮肉ってるような感じで好きですけどね。

私の愛読書である『ブッタとシッタカブッタ』シリーズにも、「周りがカッコいいとかステキとか言ってくれるから」とギターを弾くブタ(シッタカブッタ)に対し「自分の喜びはギターを弾くことにあるのか?」と指摘をするブッタ(ブタのブッダ)様が登場していて、それを思い出しました。
(「ブタのふところ」より)

ブッタとシッタカブッタシリーズの名言まとめ
小泉吉宏先生著『ブッタとシッタカブッタ』シリーズの名言・名セリフの一部紹介です! 本書はマンガなので、引用した文だけでは伝わりにくい部分もあると思われます。 小泉先生の描かれるブタちゃんたちもとても可愛いので、是非本を手に取ってみてください...

余談ですが、今回は『『JOJO WORLD Quizzes』に行っていたためにいつもより更に更新が遅れました。覗きに来てくださっている方すみません。

ジョジョワールドクイズ感想☆不満点多し😔
2024年3月、東京は池袋で開催された『JOJO WORLD Quizzes(ジョジョワールドクイズ)』に行ってきたのですが…残念ながら不満点が多かったです。 過去の『JOJOWORLD』の感想はこちら (function(b,c,f,g,...

ここんとこジョジョ関連のイベント、ぶっちゃけ微妙続きです。

ミュージカルジョジョ、公演中止と対応について発表。公演中止理由は一体?
公演の一部中止が発表されていたミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険』ですが、その理由と対応についてが公式から発表されました。 『ジョジョミュ』公演中止の理由は? ミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』一部公演中止に関するお詫...

(内容というより関係者の対応とかがね…ミュージカルに関してはチケットを持ってたのが公演中止の日のものだったので見れてませんけど)

難波ゆにはシェリル・ノーム似かな~とか思ってたら、帽子を取って正体を明かしたら個性的なツノが生えていました 笑

某探偵アニメのヒロインのツノにインパクトは負けていないと思います😂

第22話 BLACK&WHITE

「風見バード選手、謎は解き明かしたものの勝利には至らず!」というゼロゴーの実況が今回の全てを物語っているでしょう😅

ゾナモスとのバトルにて、バードは「俺が勝ったら(自分の顔をした)スフィンクス像を戻してほしい」と懇願しますが、「これは戻さんフラグやな…」と思って見てたら、案の定😅
(むしろグレードアップしてしまいました)

エクスの「スフィーたちのベイは黒カウルと白カウル、つまりスフィンクスカウルは黄カウル、だからヘルズチェインは赤カウルだ!」というのはバードのツッコミ通り、もう何言ってんのかわかんなくて笑ってしまいましたね😂いいキャラしてんなぁ、エクス。

今回は万獣キングがやたら幼く見えたのですが、毎回このような作画でしたっけ?🤔(いや別にいいんですけど)

次週はマルチVSゆになら、バードの出番はなさそうですね。負けずに済むからいいかも?😅

第23話 本当の心

マルチVSゆに戦なので出番なし。

18話の石山しかり、本当の心に気付くとバトルに負けるのかベイブレードXの敵キャラは😂

次回もバーンVSエクスの話ならバードの出番はないかなぁ。
時期的にここいらでエクスも負ける展開くるかも?

コミカライズ版、単にアニメのストーリーをなぞってるかと思いきや、第9話ではエクスが元いたチーム「ペンドラゴン」のメンバー・七色シグルが堂々と登場。

性別やマルチとの関係も明かされていて驚きました。

[第9話]BEYBLADE X 第1巻発売記念公開 - 原作:河本ほむら・武野光 漫画:出水ぽすか | 週刊コロコロコミック
まだ見ぬもの、そして見えないもの──“X”。極限加速(エクストリーム)したベイブレードが新時代を駆け抜ける! 第1話は【予告編+第1話本編】に第2話のカラー扉の別バージョンを追加した週刊コロコロだけの特別版だ!

(余談ですが、シグルが男性だったら私も本命のジャンルをベイブレードXに変更してたかもしれないです😂最近のジョジョ関連微妙なんで)

キャラクターデザインの出水ぽすか先生ご本人がコミカライズの執筆も担当しているんですね…!
『ネバラン』の作者様ですよ~。

番組終了後にCMが流れてたので…私もバカすぎるのが恥ずかしいので、こういったドリルを買ってまたやるべきかなぁと本気で思っています😂

第24話 最速の降臨

エクスVSバーンの試合なので、バードの出番なし。

ありゃ、本当にエクス負けちゃいましたね。約束通り、マジでチームペルソナ解散か?

でも、今回バーンが「ワンバトルで決めよう」って言ってたのに、次回予告を見る限りでは次週もバトルしているのですが…?🤔

『ベイブレードX』も、もしかして3月いっぱい(来週)で最終回かと思ったのですが、番組欄に🈡マークは見当たらず胸をなでおろしております。全何話あるんだろ。

「君はこの場に立っていることが尊敬に値する」って言われていたバードに笑いました😂

『コロコロイチバン』で夢グループが漫画になっておりますな。表紙ですが、夢グループのお二人の横でもエクスは相変わらずな様子です。

夢グループのステッカーをはじめ、付録豪華だな~。星のカービィのアクリルスタンドとかすごい欲しい。

第25話 最速の証明

前回に引き続き、エクスVSバーンの回なので今回もバードの出番なし。

試合はドローだったということで仕切り直しが発生し、なんだかんだで結局エクスが勝っちゃいました。

次回から新展開、バードもがんばれよ!(次回予告ではまた寿司を握っていたようですが…😂)

第26話 インビテーション

「シャッフルバトルフェス」の導入回なのでバトルなし。

「最後にバードに日が当たる」とのことなので、「ついに勝ったか!?」と一瞬思ったのですが、三人が絆を深め合う回でした。

ヒナちゃんの作った人形(可愛いので商品化希望です)を使った演出も良かったですね。

『おはスタ』を一週間視聴していたのですが、『ベイブレード』はベの字も紹介されていなかったような…😅

【おはスタ】おはキッズに変わったから一週間感想を書く。
2024年4月より、『おはスタ』は「おはガール」の起用が「おはキッズ」に変更されました。 (過去の騒動とおはキッズ制の採用の関連は不明です。後は某出演芸人と共演者の年の差結婚とか…) せっかくなので(?)、今回のリニューアルから一週間分視聴...

第27話 不屈の最後

覚悟を決めてきた石山に負け…てない!?

ドロー(引き分け)の戦いとなるのでしょうかね?

だとしたら、これでもかなりバードは成長していると言えるような。スゴイ。

モブのベイブレーダーから「アイツ(石山)をやっつけて!」と言われていた時は、正直「そりゃ無理な難題だ」と思ったのですけど😂

『月刊コロコロコミック』2024年5月号の表紙は、ドカ~ンとど真ん中にエクスが。

コナンくんも表紙にいますが、コロコロコミックでも連載しているのですかね?🤔

第28話 王とフェニックス

自分以外のチームバトルなので出番なし
(エクス・タイショー・キングVSバーン・イチゴー・パンのチームの戦い)

各組の名前が明かされましたが、バード・メイコ・カルロたちは「チーム 授業参観」て!🤣

来週も今回のチームバトルの続きなので、バードの戦いが見れるのはまだ先かな~。

この流れだと最終的にタイショーとイチゴ戦となりそうなので、こちらもどちらが勝つのかなかなか見ものだと思います🤣

発売中の『コロコロイチバン!6月号』の付録は、『BEYBLADE X』の「エクストリームBOX&カスタマイズステッカー」とのことです!

第29話 仮面と肉まん

エクスVSパン、タイショーVSイチゴーのバトルだったので出番なし

次回はマルチのターンらしいので、まだしばらくバードの活躍(?)はおあずけかな…。

タイショーさんの本名(フルネーム)は「寿司谷(すしや)タイショー」というのですね(笑
いいお名前)

チームズーガニックの結成秘話が挿入されていましたけど、魅力的なキャラたちのこういった過去バナは嬉しいですね。

(余談なのですが、先日『宝石の国』を一気読みしたらバチクソ面白かったです。ついこないだ完結を迎えたそうですね。宝石たちの各心理の噛み合わなさが絶妙で、気が付いた時には物語にぐわっと引き込まれていました。)

第30話 ナゾとモテ

マルチのチーム(マルチ様とアタシ)VS石山タクミのチーム(男独楽)のバトル回だったので出番ナシ

ゾナモスVSトグロ、石山タクミVSゆにのバトルを終え、マルチVSカドバーの次週もバードの活躍はなさそうですね。

解説のXがやたらと寿司の心配ばかりしているのがおもしろかった🤣

第31話 ボクの仲間

マルチVSカドバーの3本勝負で1話丸々使用したため出番ナシ

マルチのフォロワー(ファン)の3人組にも名前が用意されているのですね(ななせアルカにじこ)。

来週こそバードの活躍が見られるか?と思いきや、次回予告を確認するかぎりカルロがチームの先制を切りそうな感じかな?

ラストにメイコの思わせぶりな挿入もあったので、バードの戦いはもう少し先かも?

明日は母の日ですね。私も花とお菓子のセットを贈りました。

第32話 新しい相棒

やっと出番がキタキタ!バードVSイチゴーちゃん戦です。

新ベイ(ヘルズハンマー)でイチゴーのベイ(ベリーベリーボム)をふっ飛ばし、ついに勝った!?と思いきや…。

ヘルズハンマーはベローベリーボムがオーバーする前に回転を失っていた」ために敗北。
つまり、今回もバードは勝つことができませんでした😂

しかし、実のところイチゴーは「シュータくん」の設定を昨日のカドバーより強くしていたことがこっそりと判明。

つまり、イチゴーが設定を間違えてさえいなければバードは勝っていたのかも…?

さて、カルロ、バードの戦いが終了し、イチゴパンVS授業参観は2-0

通常であればこの時点で勝利が確定しているためバトルは終わると思うのですが、次回メイコVSパンの試合は続行される模様

バードが負けようが勝とうが、試合には影響はなかったということです。まるで「思いきり負けてもいいよ」と言われているようですね😂

しかし、2-0で試合が続行するのって不思議な感じ…まぁ次回のメイコさんのお話も盛り上がりそうだからいいか。

謎の新キャラも少し姿を出していましたね。

コロコロコミック2024年6月号が発売したてです。

さらに来月号は創刊555号で、「コロコロを読んだすべての人へ」圧倒的感謝号とのこと。

ウルトラジャンプの最新号も発売したばかりだよ。よかったら以下の記事もよろしくお願い致します。

【※ネタバレ注意】ジョジョ9部15話感想☆君のスタンド名は。
荒木飛呂彦先生原作『ジョジョの奇妙な冒険』第9部「The JOJO Lands(ジョジョランズ)」#015(第15話)の感想です。 以下、「The JOJO Lands」第15話までのネタバレにご注意くださいませ。(※過去の『ジョジョ』シリ...

第33話 一差し指の約束

メイコの過去回なので活躍ナシ

…ですが、ラストにメイコから「どんな困難にぶつかってもあきらめないバード様が私を突き動かしてくれた」と告げられる感動シーンがありました。

『ベイブレードX』は毎週リアルタイムで視聴できていないのですが、先にスタッフさん?の投稿されたイラストを見てネタバレをくらってしまい、ちょい本編を見る楽しみが半減してしまったことが今週は残念でした。うち一人は後のカドバーであるだったんですけどね。

カドバーといえば、「オレとチームになった運命を呪ってくれ」というセリフがカッコ良かったです。
このセリフをこういった使い方をするキャラは初めて見たので、「おお~」っとなってしまいました。

アイはあんなに頂上に立つことを目指してたのに、チームが解散したらすぐ子供を身籠っちゃうのかよ~と正直思いましたね~。男に逃げるしかなかったんかいとか、いらんことを考えてしまう。

『コロコロイチバン!』7月号の付録には『ベイブレードX』のカードゲームがついてくるそうです。

次回からは新展開!ラストに出てきたキャラたちは、漫画の方ではすでに登場してますね。
約一名は正体を伏せられてましたけど、あの人かな?

先日から放送が開始された『鬼滅の刃』の柱稽古編もまとめていこうと思っていますので、よかったらよろしくお願い致します。

【鬼滅】柱稽古編の『大正コソコソ噂話』全話まとめ!
アニメ『鬼滅の刃』柱稽古編(はしらげいこへん)の大正コソコソ噂話をまとめました! 柱稽古編では毎回柱それぞれの大正コソコソ噂話を紹介していくとのことです。 原作漫画『鬼滅の刃』の柱稽古編は第15巻から! (function(b,c,f,g,...

大阪でも始まった『ジョジョワールドクイズ』の感想も書きましたので、もし良かったら。

「楽しかった!楽しかった!」と手放しではしゃげるようなファンでなくてごめんねぇ。
(でも今回のイベントは『JOJOWORLD』の中で過去一ビミョーでした 個人的な感想ですが)

ジョジョワールドクイズ感想☆不満点多し😔
2024年3月、東京は池袋で開催された『JOJO WORLD Quizzes(ジョジョワールドクイズ)』に行ってきたのですが…残念ながら不満点が多かったです。 過去の『JOJOWORLD』の感想はこちら (function(b,c,f,g,...

第34話 七色の来客

七色シグルとのバトルに負ける

仲間をコケにされて挑んだ戦いでも期待を裏切ってくれない男・バードェ…。

七色シグルは普通にムカつくキャラですね。とっとと負かせてほえ面をかかせてやりたくなるというか。

『ベイブレードX』とは関係ありませんが、同じ小学館ということで…『サンデーS』の表紙が不思議だなぁと😅
(コナンの絵柄だと思うのですが、誰なのかわかんないし🤣映画見てないからかなぁ)

オールスターバトルが始まろうとしていますけど、どうしてもあの格ゲーのことが脳裏に浮かんじゃうんですよね😅

しこたま叩かれている「オールスターバトル(ASB)」ですが、私はこのゲームから『ジョジョ』にドハマリして漫画も読み始めたので感謝しています(と言ったら怒られるだろうか)。

第35話 夢の競演

盗作系ベイブレーダーのぱっくんに負ける

せっかく努力してハンマースマッシュを極めたところでこんな結果というのも、いくら負けキャラとはいえ少しかわいそうかな…。

(特訓のシーンは「ロッ〇ーのテーマ」ぽいもの?が流れていましたね🤣)

…と思っていたのですが、もしぱっくんにベイの情報を盗まれてさえいなければその努力も実っていた(バードが勝利していた)のかもしれない、という展開が非常に興味深かったです。

コロコロコミック2024年7月号(通算555号)の付録は「ドランソード メタルコート:ブルー」のベイであるとのこと。コロコロ限定だそうです。

このベイを使って『おはスタ』で桜本先生とスバ兄さんがバトルしてましたね🤣

しかし、ぱっくんは気分がすぐれない時には見たくないキャラですな😓
(本気でムカつくため)

第36話 ブレーダーシップ

マルチVSぱっくん戦のため、バードのバトルはナシ

マルチが勝利して、見事バードの雪辱を果たしてくれました。

「ぱっくんがどんなに完璧なコピーを作ったところで、(作成したベイのことを)誰よりも知り尽くしているマルチ勝てるわけがない」というエクスの台詞は非常に説得力がありましたね。

また、「盗んだデータだけでは予測できない、研究と分析・練習を積み重ね少しずつ強くなるのがベイブレード」というマルチの言葉には、バードの努力の無駄じゃなさを感じられて良かったです。

当のバードといえば、それでもぱっくんをかばってしまうおひとよしさ…😅
まぁ、そういうところに惹かれて、今後支援してくれるファンも増えていくのではないでしょうか。

コロコロコミック2024年7月号(通算555号の記念号)、発売されました!

付録は「ドランソード メタルコート:ブルー」のベイで、コロコロ限定であるとのこと!
(私も購入しました❤)

第37話 予測不能

珠羅(ジュラ)レックスVSエックス回なので活躍なし

「レックスVSエックス」って、サブタイトルにも使えそうなくらい語呂がいいですね)

「逃げるの超楽しい!」とという台詞は、今回のキーワードである「予測不能」さとエクスらしさが出ていてすごく良かったと思います。

次回はついにクインの登場!クインは格がありすぎるため、ひょっとしてエクスすら負けてしまうのでは?と思わされる雰囲気を醸し出しているのがたまらないです。超楽しみ!

ED主題歌「ZOOM ZOOM」いい感じですよね。もちろんOPも好きですが。

第38話 女王の帰還

エクスVSクイン回なので活躍なし

でも、バードはクインから「アンタは伸びる」とお墨付きの言葉をいただいていました。

クインはカッコいいキャラですね、ぱっくんに向かっての「姿勢を正す機会を得たと思いな」というセリフはグッときたなぁ。

そんなクインは時を止めた中を自分だけが動きまわることのできるスタンド能力…ではなく、経験上他人の性能を把握できる『ザ・ワールド』『バッグオブウィズダム』を発動。

これまでとは違う演出が神がかっていたというか、改めてこの作品のスゴみを感じたといいますか😆伝説のアニメとしてこの先の歴史に残っていくかもしれませんね。

(『ザ・ワールド』について知りたい方は是非『ジョジョ』第3部を読んでみてくださいね)

(私が言うまでもありませんが、こちらも伝説のアニメです)

第39話 最高のブレーダー

今回も前回から引き続きエクスVSクイン戦なので活躍はなし

あのひねくれMAXなぱっくんを黙らせ、説得(反省?)につなげたクインはやはりいいキャラしてますね。ググッときたのでセリフを引用させていただきたいです。

「ベイブレードのプロっていうのはね 乗り越えていくことさ

 辛さ 苦しさ 怖さ そして弱さ その全部を乗り越えてここに立つこと

 あの子を見な。誰もが認めるわけじゃないが立派なプロブレーダーさ。」

「あの子」というのはバードのことを指すのですが、さりげに褒められています。

そして、ラストは新展開(頂上挑戦)に入っていますね。

仮面Yとは一体何者なんだ😂ご丁寧にEDの声優さんまで隠されているし!
(イケボなのでどなたが演じられているのか知りたかったんだけどな~😅)

「心の運転マニュアルブッタとシッタカブッタシリーズ」の中の一冊・『ブタのいどころ』には以下のようなセリフが収録されています。

「負けるとどうなる?」

「つらいです」

「勝つとどうなる?」

「うれしいです」

「なんだ 勝つも負けるも変わらんじゃないか」

『ブタのいどころ』P16より引用

今回のベイブレードXを見ていてふと思い出したので…勝つことも負けることも、ただただ受け入れながらに前へ進んでいけたらいいかもしれませんね。

ブッタとシッタカブッタシリーズの名言まとめ
小泉吉宏先生著『ブッタとシッタカブッタ』シリーズの名言・名セリフの一部紹介です! 本書はマンガなので、引用した文だけでは伝わりにくい部分もあると思われます。 小泉先生の描かれるブタちゃんたちもとても可愛いので、是非本を手に取ってみてください...

第40話 もうひとつの仮面

仮面Yにアバン(OP主題歌に入る前)で負ける

皆さんが想像する倍以上の速さで負けます。
(前にもこういう表現をしたと思うのですが、その時の衝撃を更に上回っています😅)

次回のタイトルで明かされていますが、仮面Yに続いてもう一人謎のマスクが登場するようですね。
(コロコロのWEB連載ではすでに出てきてましたよん)

雑誌のコロコロコミックの最新8月号はもう発売してて早いな~と思ったら、今月(7月15日)は祝日だからなのかな。

第41話 3つの仮面

以降も更新予定です~!

風見バードが勝てる日はくるのか?

さすがに物語の中盤以降は勝利を見せてくれると思うのですが(負けさせ続けるのにも限界があるのでは)、負けたまま最終回を迎えるのも逆に伝説のアニメになるかも…?

我々は今後も風見バードの戦いを追い続けます…がんばえ~。

アニメ『ベイブレードX』は配信中です~。

タイトルとURLをコピーしました